沖縄の青の洞窟とは?

沖縄の青の洞窟とは、海の中にある洞窟のことです。

沖縄のちょうど真ん中に位置しています。

沖縄県恩納村真栄田469-1にあり、那覇空港からは一時間半の距離にあります。

沖縄本島西岸に国道58号線が南北に貫いているのでそこを通るか、高速道路を使っても行きやすい位置にあります。

那覇市内から約1時間、那覇空港からは一時間半、高速の石川インターチェンジからは約15分の位置にあります。

この青の洞窟は、海水の浸食により出来たものです。

なぜ青く輝くかと言いますと、海面が太陽光線の反射によって青く輝くからです。

その輝きは神秘的で、多くの観光客を魅了しています。

沖縄の青の洞窟を満喫するには、シュノーケリングやダイビングをするのが一番です。

シュノーケリングとは、水中メガネをつけ、シュノーケル(呼吸をするためのノズルみたいなもの)、フィン(足ヒレ)をつけて、水中をプカプカ浮きながら散策します。

ダイビングは、体験ダイビングなら資格を持っていなくても出来ます。

経験豊富なインストラクターがついていますので、安心して遊ぶことが出来るでしょう。

青の洞窟にいる魚達は、すでに人に慣れているので、魚の方から寄ってきてくれます。

魚の種類もサンゴの種類も豊富で、見ているだけで違う世界に来た雰囲気を味わうことが出来るでしょう。

おすすめの時間帯ですが、朝の7時から9時、それか15時以降がよいでしょう。

というのは、10時から14時はたくさんの観光客が来て、混雑していて、青色の見やすさが変わってくるからです。

あなたも、スカイリーフダイバーズで最高の体験をしてみませんか?